流行りモノコンプレックス

原稿を書いている時点でネットを賑わせているのがAppleの新型Mac Bookと北陸新幹線開通の話題だ。今回はそんな話題=流行のハナシ。背伸びをしたがる高校生の頃から抱えているコンプレックスがある。世の中で流行っているモノにすぐに飛びついてしまうノンポリな自分へのコンプレックスだ。FMを聞きまくっては「今ロンドンで流行ってるらしい」という洋楽をさらけ、「すげえイイね」って言ってもらうのをまるで自分が流行らしたことのように錯覚して、大喜びした。ネタが尽きそうになるとまるで仕事のように漁って必死になって探した。社会に出てからは今度は一転し、世の中の流行りモノの逆ザヤを狙って、誰も目をつけないようなカウンターカルチャーなモノを見つけ出してさらけては「へえ」なんて言われることに快感を覚えた。ついにはニューヨークに移住までして、おおよそ誰も知らないようなイーストヴィレッジの片隅のある一角に住んでいる人にしかわからないような「流行り」を持ち出して自慢げになる。ここまでくるともはや「流行」の定義はよくわからないことになっている。そうこうしてオッさんになってくるまで、いっつも頭の隅にあったのが一本筋が通ってるようなものに対するコンプレックス。流行りモノコンプレックスなのだ。仕事柄、広告のしくみだとか、ひいては流行をつくりだすしくみなんかを知ってしまってからもコンプレックスを抱えながらそれは続く。昔から流行モノに脇目もふらずにただただ自分の趣味に一貫して突き進んでいる友達なんかが必ずいて、そんなヤツがすげえカッコよく見えていた。小学校の同級生にいたなぜか相撲にハマってるやつ、中学の同級生にいたジャッキーチェンの映画しか見なかったヤツ、ベースを弾いていてジャズの話ばっかりしていた高校の同級生、黒い服しか着ない友人、最近では家業を継いでいる職人さんとか。家の隣にある老舗のテーラーのおじさんとかに会って話をすると「最近のことはよくわかんえよ。」と笑いながら話す。この一言がコンプレックスに火をつける。ああ、こんなカッコよさにもっと早く気がついていたら。と。しまいにはそういう「脇目をふらないひとたち」という流行が見えてきている。これはもう僕にとっては地獄のようなことになっている。ノンポリということを筋にしたらどうかとアドバイスされたことだってある。そんな日々を送っていたら、そういえば僕ったら映像とか写真とか音楽だとかはどこか自分のフィルターは独特なんじゃないかと思ったときがある。見えてきた一筋の光に向かって夜中に必死になってノートに書き留めて分析みたいなことして、長年のコンプレックスに決着をつけようとした。そしてまだ決着はついていない。僕は流行との戦いによって作られている。つづく。

月刊「Mac Fan」連載 “写真と文”より

Tweet about this on TwitterShare on Facebook

Comments are closed.