凡事徹底

これでも一応は経営者です。あ、そうだ経営者だったんだ。ほとんどの会社の大事なことを幹部の連中にまかせっきり。具体的な数字を把握もしないで、青、黄、赤と経理担当から信号の色で伝えられて意識を切り替えるという具合。毎日はジェットコースターのごとく緩急をつけながら上り下りを楽しんでいる。経営者だぞ!と言ったところで自慢できるようなことはほとんどない。スタッフのみんなには感謝の言葉しかない。会社をはじめた19年前から大事にしていることはいくつかある。おそらくそういうのを理念と呼ぶのでしょう。一応、ある。「凡事徹底」という言葉を知ってからは、あ、それそれ、と思っている。例えば「すごいこと」を目指すのは悪くない、いやいいことに違いない。けれど、所詮自分はいたって凡人。生まれながらにして持っていた卓越した才能など一つもない。だから当たり前のことを、当たり前のことばっかり、徹底して、やり続ける。好きなことを見つけてからはそれを続けた。映像をつくったり、デザインしたり、イベントを企画したり、と、何かと他人様に向けてつくるという仕事をしている。つい忘れてしまいそうになるのが、つくることが楽しすぎて完成したら満足してしまい、誰かを楽しませようとしていたこと。そうだった、エンターテイナーだったんだよね。と。すごい!と言われることも嬉しいけれど、面白い!楽しい!キレイ!カッコイイ!って感情が湧き出てくるような感想をもらうのがいい。そのためにも、当たり前のことに徹する。楽しいってなんだっけ?とかカッコイイってなんだっけ?キレイってなんだっけ?と考えながらできるだけ当たり前のやり方で徹底する。誰でもできるやり方で徹底する。何もできなかった凡人が凡事に徹していたら、こんなに素敵なものができました。っていうのはなるほど痛快なことなんじゃないかと思いながら続けている。

Tweet about this on TwitterShare on Facebook

Comments are closed.