プロフィール

菱川勢一
映像作家・写真家・演出家

1969年東京生まれ。CBS/ソニー(現ソニーミュージックエンタテインメント)総務部、ソニー株式会社広告宣伝部を経て1991年渡米、ニューヨークへ。渡米と同時に映像業界へ転身し、アメリカ制作によるミュージック・ビデオ、TVCM、TV番組から実験映像、映画製作まで監督、撮影、編集、音響エンジニアとしてあらゆるジャンルの映像に関わった。帰国後、演出の道へ進み、映像演出、舞台演出、空間演出、メディア・アート、ファッションブランドのコレクション演出などを手がけた後、1997年デザインスタジオ DRAWING AND MANUALの設立に参画。代表取締役。フィルムからデジタルまでを駆使し、映像・Web・グラフィック・空間デザインの分野で活躍。映画・ドラマでは予告編・タイトルバック(オープニングおよびエンディング映像)を数多く手がける。2011年、NTTドコモのCM「森の木琴」を監督し、カンヌ・ライオンズにて三冠受賞。2011年、初の写真展「存在しない映画、存在した光景」開催。同時に写真集を刊行。2013年短篇映画「すず」を発表。2016年ベネツィア・ビエンナーレにて日本館の監修をし審査員特別賞を受賞。2017年映画「#youth」を発表。2018年映画「ハモニカ太陽」を発表予定。ヴィラ・ド・コンド映画祭審査員(ポルトガル)。カンヌ・ライオンズ審査員(フランス)。武蔵野美術大学教授。近年では映像作家のほかに写真家、作詞家、脚本、展覧会ディレクターやフィールド・アクション、執筆活動も多い。

代表作 :
ドラマ「功名が辻」タイトルバック
ドラマ「坂の上の雲」タイトルバック・写真
ドラマ「八重の桜」タイトルバック・写真
テレビ「日曜美術館」ロゴデザイン・オープニング
CM「森の木琴 NTTドコモ」監督
CM「東京駅復原 JR東日本」監督
短編集「FOUR」<提供:メルセデス・ベンツ>監督・脚本・撮影
短篇映画「IN Between」(1992年アメリカ 日本未公開) 監督・脚本・撮影
短篇映画「すず」監督・脚本
写真短編集「存在しない映画、存在した光景」著作
映画「#youth(ユース)」監督・脚本・編集
映画「ハモニカ太陽」監督・脚本・撮影・編集

受賞歴:
2000年 ニューヨークADC賞
2001年 ロンドン国際広告賞
2002年 IBA―International Broadcast Award
2005年 iFデザイン賞 アトモスフィア賞など3部門
2008年 アジア太平洋広告祭 銅賞
2009年 THE ONESHOW INTERACTIVE Merit賞
2011年 カンヌ・ライオンズ 3部門で金賞・銀賞
2011年 カンヌ・ライオンズ 3部門で金賞・銀賞
2012年 ADFEST 2012 FILM LOTUS Gold
2013年 iFデザイン賞
2017年 ベネツィア・ビエンナーレ特別賞

所属事務所
DRAWING AND MANUAL

作品集・ポートフォリオ
Seiichi Hishikawa Portfolio